生地からフレーム構造に縫製まで一切の妥協なし。ストイックなモノづくりが産んだ純日本製テント|サンセットクライマックス・ セル01

テント・シェルター

モノづくりにはさまざまなスタイルがある。大量に作って数多くの人へ売るという考え方もあれば、とことんこだわったモノを欲しい人に少量だけ作って売るという考え方もある。どちらが正しいということではない。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲3本のポールをフレームとした「セル01」。適用シーズンは厳冬期を除く3シーズンだというが、今回はタイムリーな新作として取り上げた。今後、インナーテントの販売も検討しているそうで、組み合わせによって厳冬期でも十分に使えるスペックとなるだろう。

前者は生産コストを下げることができ、結果的に製品を安く販売することができるため、ユーザー側にもメリットがある。

本誌でもお馴染みの「サンセットクライマックス」は明らかに後者だ。

しかもそのモノ作りは“ストイック”という言葉がぴたりと符合するほど、とことん徹底している。

新作のテント「セル01」もまた、期待を裏切らない、いや正確にいえば期待を大きく上回るほど徹底したこだわりの塊である。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲前後左右対象というシンメトリーなデザイン。「セル01」は、誰でも美しく張れるように設計されたテントになっている。

生地からフレーム構造に縫製まで一切の妥協なし
ストイックなモノづくりが産んだ純日本製テント

「ゼロから作ったテント生地」「MADEIN JAPAN(!)」「フレームはA7075超ジュラルミン」「ガイロープは本橋テープ製」「ペグは厚さ9mmステンレススチール製(重量375g)×4本にセル01専用ペグの組み合わせ」「収納ケースはリサイクルナイロン+バリスターナイロン製」……。呆れてしまうほどのスペックだ。

「誰がやっても美しく張れるように、試作品を何度も作り直し、その度に何ヶ所もマーキングをして縫製を修正してきました」とサンセットクライマックス代表の浦田さんは語る。

3本のフレームをベースにした独自の形状はトンネル型ともドーム型とも取れるが、センターポールの下側を二股にしたことが特に注目すべき点だ。

デザイン上のポイントとしているだけでなく、フレームとテントの強度を増し、設営も簡単になるなど、構造面でも工夫を凝らしている。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲センターポールの下側を二股にしたことで、左右合計4ヶ所をペグダウンするだけでも自立する「セル01」。ペグはテント側のリングにしっかり食い込む専用設計品を使用する。

テントは軽量なのにペグが重量級!

サイズは大人2名(+幼児)が使うのにちょうどいいサイズ感。これは「テントが大きすぎるとタープとのバランスが悪くなる」という、スタイリング重視の発想から。

オフホワイト1色展開というカラーも、独自のこだわり。これはもちろん歴代の「サンセットクライマックス」製タープとトーンを合わせたもの。

ちなみに「汚れる」という心配は無用。なぜなら「汚さないで使う」ことが前提だから。

既出の浦田さんは「テントは軽く仕上げたんですが(約2. 7kg)、総重量はけっこう重いですよ(約9.5kg)。ペグだけでも2kg以上ありますから」という。

テント本体の重量に匹敵するのが付属のペグというも可笑しな話だが、ペグがしっかりしていないとテントもピン張りできないというのだから、これまたこだわりの結果なのだ。

ディテールの一つひとつにまで徹底したモノ作りに、共感してくれるファンは必ずいる。

彼らに応えるように、そして彼らの期待を裏切らないように。「セル01 」は熱心なファンに向けて、発売を開始した。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲表面にシリコン撥水加工を施し、裏面は高耐久型ウレタンコーティング済み。従来のテント用生地とは異なり、撥水機能の劣化や加水分解が起きにくく、耐久性に優れた新素材をゼロから作り上げた。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲生地を含めて純日本製という「セル01」。縫製は自衛隊の装備品などを担う岩手県の未来テクノ株式会社が担う。100%国内生産のテントだ。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲付属のフットプリント(グランドシート)はあらかじめ凹みを設けており、テント内に靴の脱ぎ履きができるスペースが確保できる。

セル01 設営の手順とポイント

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲テント本体、ポール、ペグなどの付属品などが入った収納袋。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲設営場所にフットプリント(グランドシート)を広げていく。使用するポールは3本。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲ポールをテント本体のスリーブに通していく。スリーブは常に外側を使う(内側のスリーブにもポールが入ってしまうため)。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲厚さ9mmの「ペグ300s」4本に加え、今回専用設計したペグ(写真)が付属する。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲中央のポールは下側が二股になっており、4ヶ所をペグダウンすると本体中央が自立する。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲3ヶ所のガイドテープを目安に、左右にしっかりとピン張りする。美しく張るコツは3ヶ所のガイドテープがたるみなく張られている状態で設営すること。途中でフットプリント(グランドシート)を抜いて、ガイドテープの上に持ってくる。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲テント下側6ヶ所をペグダウンし、出入口をジッパーで取り付ける。

SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックス

▲出入口側4ヶ所を、付属のガイロープを用いてペグダウンすると完成だ。

ABOUT SUNSETCLIMAX|サンセットクライマックスとは
本業は国内外での数々の受賞歴を誇るデザイナー。その卓越したデザイン力を活かし、学生時代の友人たちと立ち上げたのが「サンセットクライマックス」だ。製品企画に対するストイックな思いは、数あるブランドの中でも群を抜き、故に熱狂的なファンに支えられている。写真は代表を務める浦田さん。

SPEC
ブランドサンセットクライマックス
モデルセル01
カラーオフホワイト
サイズW370×D332×H190cm
重量9.5g(総重量)
素材ナイロン70Dリップストップナイロン高耐久型ウレタンコーティング生地(耐水圧2000mm ※専用生地)
推奨人数2人
価格44万円(税込)
WEBhttps://www.sunsetclimax.com

PHOTO|KAZUTOSHI AKIMOTO
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2023
SOURCE|Camp Goods Magazine Vol.33

※商品の詳細(価格・サイズなど)は掲載時のものとなります。
※本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


人気ランキング

  1. 1

    キトウシ(来止臥)野営場(北海道)|断崖絶壁から太平洋を見下ろす「上級者向け」絶景の野営場

  2. 2

    こいつはすごい! ガツンとくる最強ガーリック飯「G飯の素」

  3. 3

    角島大浜キャンプ場(山口県)|美しい海岸沿いにある夏季限定営業のキャンプ場

  4. 4

    達古武オートキャンプ場(北海道)|釧路湿原の真ん中に佇む湖畔のキャンプ場

  5. 5

    キャンプ・アンド・キャビンズ山中湖(山梨県)|2023年、もっとも注目すべきキャンプ場がグランドオープン

最近の記事

  1. もっと気軽にバイクで楽しむアウトドアスタイル 手ぶらで楽しむ“焚き火時間”|ロイヤルエンフィールド・ハンター350

  2. キャンプグッズ・マガジン vol.36|4月30日発売

  3. キャンセル分追加募集中【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

  4. キャンプグッズ・マガジン vol.35|2月29日発売

  5. 【5月25日〜26日】LAND CRUISER CAMP OUT FUJI 2024|ランドクルーザー・キャンプアウト富士2024

TOP