SPECIAL

特集|防災にも役立つアウトドア用品|ラチタ(LACITA)

数多くのキャンパーから支持を受けているポータブルバッテリーが「ラチタ・エナーボックス01」だ。その性能は、iphone 75台分という120,000mAhの大容量バッテリーに支えられており、最大出力400W(定格)と身近な家電製品にも対応する高性能製品だ。

満充電時にはスマートフォンなら約30回の給電が可能。他にも扇風機なら約15時間、ノートPCなら約10時間の連続稼働が可能だという。石油ファンヒーター(弱50Wで約8時間使用可能)や電気毛布(中18Wで約20時間使用可能)など、冬季の暖房にも活用できるだろう。

この「エナーボックス01」では、バッテリーに一般的なリチウムイオン電池ではなく、三元系リチウムポリマー電池を採用しているのも大きな特徴のひとつだ。メーカーによれば、「リチウムイオン電池と比較してパワーや充電効率、安全性において高性能。特に安全性においては独自の内部制御機構によって1千万分の1秒の速さで電池内部のショートを防ぐため、落下や外部からの衝撃を受けて本体から発火に至る可能性が低い」という。

またオプションとして81Wという高出力なソーラーパネルが用意されているのもポイントだ。編集部所有の私物で充電した際にも高速充電ぶりが確認できた。あくまでも参考値だが、真夏の晴天下なら8時間程度で満充電させることも可能だろう。

ラインナップは「エナーボックス01」と、性能は同じくカーチャージャーが付属する「エナーボックス450」の2種に加え、「エナーボックス01」のホワイトボディと、飛沫防水性能を高めた「エナーボックス01-SP」がラインナップされている。

ブランド:ラチタ
モデル:エナーボックス01-SP
参考価格:7万2800円(編集部調べ)
「エナーボックス01」に飛沫防水性能を加えた新製品。躯体はあらゆる角度からの水しぶきに耐えうる防水規格IP44。本体内部全体に特殊なナノコーティングを施すことで、水が進入しても電気回路や内蔵電池を完全に絶縁する新製品だ。

ブランド:ラチタ
モデル:エナーボックス01(ホワイト)
参考価格:5万9800円 (※税込・編集部調べ)
ラインナップに追加設定された新製品のホワイトボディ。性能は従来品の「エナーボックス01」(ブ
ラック)と同じ。カラーバリエーションが追加されたことで、より幅広いユーザー層に受け入れられそうだ。

ブランド:ラチタ
モデル:81Wソーラーチャージャー
価格:3万7091円(税別)(※参考価格:2万3455円 編集部調べ)
「エナーボックス01」に対応する81Wのハイパワーソーラーチャージャー。夏場の晴天時では8時間で満充電が可能。本体は強度と撥水性に優れた素材を使用、折り畳み式でコンパクトに収納できる。写真は編集部所有の私物。

ラチタ・エナーボックス01(LACITA ENERBOX 01)
サイズ W303×D134×184mm
重量 約5.0kg

バッテリー

444Wh / 120,000mAh
三元系リチウムポリマー電池
動作適応温度 マイナス10度C~40度C
寿命(目安) 500回以上
入力 DC×1(12.5-24V / 6A)
AC×1(専用ACアダプタ)
出力 DC×1
USB×3(5V-2.1A×3)
AC×3(定格400W)
充電時間 専用アダプタ:約7時間
ソーラーパネル約8時間(※)
オプション 81Wソーラーチャージャー
主な付属品 ACアダプタ
備考 ※参考値:専用81W ソーラーパネル使用時
参考価格 5万9800円(※税込・編集部調べ)
問い合わせ先 ポスタリテイト(POSTALITATE)
WEBサイト https://citaxford.jp/lacita/

ポイント
・どこで買えるの?
ヨドバシカメラなどの量販店、インターネット通販サイト、または小さなアウトドア用品店などでも取り扱われている。全国の取扱店舗は、販売元「ポスタリテイト」のWEBサイト内にある「登録販売店」で確認できる。
・在庫はあるの?
新製品などを除けば基本的に在庫はあり、納期も短い。

PHOTO|KOSUKE ARAI
TEXT|KAZUTOSHI AKIMOTO
PUBLISHED|2020
SOURCE|Camp Goods Magazine vol.11

Copyright © 2020 Camp Goods Magazine
本WEBサイトにて掲載されている写真及びテキストの無断転載を禁じます。

最近の記事

  1. キャンプグッズ・マガジン vol.15|10月30日発売

  2. エリバパック|優れたデザインから人気の高い ヴィンテージ・トレーラーの代表作

  3. エリベッテ|スペース効率の良いコンパクトなクラシック・トレーラー

  4. マイアミ浜オートキャンプ場(滋賀県)|設備の整った琵琶湖随一の大型キャンプ場

  5. キャンプマーケット(埼玉県)|ビギナーからマニアまで納得するオートキャンプ専門店

INSTAGRAM|インスタグラム